財団法人 埼玉学生誘掖会 埼玉学生誘掖会

 設立及びあゆみ

 

 

1 本会は、明治35年に埼玉県出身の実業家である渋沢栄一翁、わが国最初の林学博士である本多静六博士らが発起人となって、朝野の浄財を集め、埼玉県出身学生を助けるため、寄宿舎の運営及び奨学金貸与等を目的として、当時の東京市牛込区(現在の新宿区)に設立された。初代会頭には渋沢栄一翁が就任した。

 

2 寄宿舎は、先ず仮寄宿舎からスタートし、明治37年には第一寄宿舎が、明治41年には第二寄宿舎が完成した。最盛期には、幼年寮、中年寮、青年寮と年齢別にわかれ、100名を超す学生が入寮し、3千平方メートルの敷地には、テニスコート、武道場などもあり、当時としては、設備の整った寄宿舎であった。

 

3 この間、戦前・戦後の住宅事情にあって、本寄宿舎の存在は、埼玉県民子弟の高等教育を側面から援助し、2千人を超す人材を世に送り出したが、築後60年を経過して老朽化するとともに、住居に対するニーズの変化と通学手段の利便化により、入寮者が年々減少した。

 

4 この現状に鑑み、寮に関する将来のあり方を慎重に検討した結果、99年間続いた寄宿舎設置の目的が達成されたものと判断して、平成13年3月末をもって寮を廃止して、その土地売却金を基金として、奨学金給与制度を創設して現在に至っている。

 

5 沿革



初代会頭

渋沢栄一翁

 (1) 明治35年(1902) 3月 埼玉学生誘掖会設立総会

 (2) 明治37年(1904) 4月 牛込区東榎町(現在の新宿区)に仮寄宿舎設置

 (3) 明治37年(1904)10月 牛込区砂土原町に第一寄宿舎竣工のため移転

 (4) 明治41年(1908) 2月 第二寄宿舎竣工

 (5) 明治44年(1911) 5月 財団法人 埼玉学生誘掖会 文部大臣認可

 (6) 昭和 7年(1922)11月 初代会等渋沢栄一翁逝去

 (7) 昭和12年(1937) 4月 寄宿舎の建替えによる新宿寄宿舎運用開始

 (8) 昭和41年(1966) 7月 東京都教育委員会へ移管

 (9) 平成13年(2001) 3月 砂土原寄宿舎の廃止

(10) 平成15年(2003) 4月 奨学金給与事業へ転換

(11) 平成15年(2003) 7月 第1回奨学生5名採用

(12) 平成19年(2007) 3月 第1回奨学生4名が卒業

                (5名採用のうち1名は医学部のため在学)

6 砂土原寮跡地の今

 砂土原寮は、東京都新宿区砂土原町3丁目21番2号にあったもので、明治37年に本寄宿舎が、同41年に第2寄宿舎が建築され、最盛期には100人を超える寮生が生活しておりましたが、昭和12年に鉄筋コンクリート2階建(約200坪の敷地に延べ床面積約500平方メートル)の学生寮に改築されて、平成13年3月末ま で、運営してきました。この間、埼玉県民子弟の修学を住居の面から支援してきましたが、近年の住宅事情の 好転と通学交通手段の発達によって、寄宿舎として役割を終えたので、平成13年3月末をもって学生寮を閉 鎖し、その跡地売却資金を原資とする奨学金給与事業に転換して、今日に至っております。
 その跡地には、「市谷逢坂ハウス」なる3階建てのマンションが建築されており、往時の寮の面影はありませんが、そのマンション玄関前の公道に面したところに、この地に砂土原寮があったことを記す次の「記念標識」が埋設されております。

明治33年3月15日埼玉県の朝野の有志(渋沢栄一(青淵翁)、本多静六、諸井恒平氏等が中心となって)が埼玉学生誘掖会(明治44年財団法人の認可)を創設、都内で修学する学生のために明治37年寄宿舎を建設し、昭和12年には鉄筋2階建てに改築し、平成13年まで存続した。その跡地は売却され、財団法人埼玉学生誘掖会の奨学金事業の基金となる。
記念碑

  (注) 「誘掖」とは、導き助けるという意味である。